ENGISYA THEATER COMPANY
12月アトリエ公演

『KENJIの妹』

キャスト募集




募集締め切り 

2021/10/20
 

募集内容

この度、ENGISYA THEATER COMPANYが12月にアトリエにて実施するアトリエ公演『KENJIの妹』の出演者オーディションを行います。 本気と覚悟をお持ちの方、 お待ちしております。
 

作品内容

ほとんどを賢治自身の童話・詩・書簡・関係者の証言などで構成し書き下ろした戯曲。
宮沢賢治の新たな生徒さん達である、震災に遭われた東北の子供らに、新たな透明なエネルギーを送りたい。
KENJIの生きた時代から100年後の未来、 妹Toshiは再び地上に生まれ学校の教師をしていた。生き方を見失った彼女の前に、 KENJIとその童話の中の人物が現れる——。

募集キャスト

・車掌
・啄木らしき人
・ジョバンニ
・カムパネルラ

などアンサンブル
 

公演方針

本公演では、世界水準の演技芸術を目指す公演をより多くの方に平等に堪能して頂きたいです。
その為、本公演ではアトリエ公演と生配信を実施予定しておりますが、どちらも完全投げ銭公演という形で実施致します。 共に世界水準の演技芸術を目指したいと情熱を燃やせる方々のご応募をお待ちしております。
また、出演が確定した方には、原則として公演前にENGISYA THEATER COMPANYが毎週金・土に行っている演氣者塾へ参加して頂きます。
 

作・演出/芸術監督 大村未童(おおむらみどう)

ニューヨークアクターズスタジオのゼン・ヒラノのメソッド・アクティング、 ハリウッド映画キャスティング・ディレクターの奈良橋陽子のマイズナー、 世界的に活動されていた舞踏家の大野一雄、大野慶人の命の身体性を経て独自の演技指導を行う。
奈良橋陽子主宰の俳優養成所であるアップスアカデミーや、自ら設立したカンパニーにて、舞台演出・演技指導を行い、数多くの活躍する俳優の育成にカを注いできた。
俳優としても、今井雅之らとメインキャストとして共に出演した舞台「THE WINDS OF GOD」のロサンゼルス及びニューヨーク公演にて、 その演技をロサンゼルスタイムズ紙等で評価される。
2017年ENGISYAを立ち上げ以前は、ヨーロッパを中心に海外に渡り、 俳優、 クラウン、ソリスト達と数々のワークや公演を行い、 表現を追求した。

 

オーディション日程

10/9, 10/16, 10/23, 10/30
毎週土曜日13:00~20:00
演気者塾参加型のオーディションになります。
19時からのLIFE STAGEも見て頂きます。
 

合格後のスケジュール

11/28稽古開始
12/16まで毎週日曜日~木曜日
原則12:00-17:00(公演前は稽古時間が伸びる可能性がございます)
 

演氣者塾スケジュール

毎週金曜
昼間クラス12:00-16:00
夜間クラス18:00-22:00

毎週土曜
合同稽古 13:00-22:00
(19時以降はLIFE STAGE)
 
12/17~20 長野アトリエ合宿・長野アトリエ公演
12/22~28 東京アトリエ公演
※稽古次第では、 長野合宿が早まる可能性がございます。
※東京公演は状況により追加公演を実施する可能性がございます。
 

公演場所

ENGISYA THEATER COMPANY
東京アトリエ
長野アトリエ
 

オーディション参加費

なし

合格後にかかる費用

演氣者塾に通っていただく場合20000円の月謝費がかかります。継続者や実力次第では金額は変わります。
 

報酬や給与

チケットノルマはございませんが、動員人数に比例して売り上げを分配する形になります。
配信公演の予約を締め切り次第、お振込みにて清算させていただきます。

応募条件

過去にENGISYA THEATER COMPANYの公演を見たことがある方。
又は、毎週土曜日19時に実施しているLIFE STAGEをご覧になった方。

応募方法

件名を「12月公演キャスト応募」とし、
 
・3ヶ月以内に撮影した写真(全身・バストアップ)
・簡単なプロフィール
・志望動機
・オーディション参加希望日(第二希望まで)
を記載の上、engisya.llc@gmail.com までご連絡ください。
※書類選考あり。通過の方のみ、こちらからご返信いたします。
〆切は10月20日(水) 23時59分必着
 

お問い合わせ

合同会社ENGISYA
2020年7月:「合同会社ENGISYA」設立。
所在地:東京都足立区東綾瀬2-18-14 2F
連絡先 : engisya.llc@gmail.com
事業内容:舞台公演、映画製作、俳優育成
2016年より足立区綾瀬にある廃工場をアトリエに改装し、稽古を重ね、世界水準の演技芸術を目指す。大道具・小道具無し、 俳優の演技力だけで、「何もない空間に命の風景を創る」をテーマに、約二か月に一度の公演を重ねる。